産後の面皰を漢方が効果的なの?調べてみました

お産トライのある人間は産後、面皰が出来たり皮膚が
荒れたりという不具合に遭われたことがあると、
思いますが、皮膚が荒れ始めたのはコスメティックスが合わなく
なってきたからだと思う方も多いと思います。

 

しかしながらそれはコスメティックスの問題ではなく、
ホルモン率の無秩序や産後のストレスから
来ているものだと言われています。

 

 

産後のにきび,漢方

 

それで面皰を改善するためにしっかり用いられるのが
漢方薬ですが、漢方薬にもさまざまなトータルがあり、
その人の短所によっても摂取するジャンルが変わってきます。

 

たとえば、自律癇の率が乱れている場合は
加味逍遙散(かみしょうようちゃん)おはこ四もの湯(しもつとう)、
胴が弱っているときは補中益本心湯(ほちゅうえっきとう)、
血行が悪いときはパフォーマンス化湯(せいかとう)というように
トータルを使い分けることが大切です。

 

漢方の長所としてはさまざまなトータルがあると
いうことが挙げられますが、弱点としては
間違ったタイプを摂取してしまうと短所が悪化して
しまう恐れがあるので、産後面皰補助を行う場合は
慎重に判断して下さいね。